東京オートサロンの生みの親でもある、『暴走機関車』こと稲田大二郎も注力する新雑誌『職人天国』。
10月31日の発売日に向けて、休むことなく続々とページが仕上がってきているときの様子です。

白黒だとかなり昔の歴史写真みたいだけど、ついこの間の編集部での風景です。

妥協を排し、再デザインや修正の数も、既存誌とは比較にならない多さです。
まさに、編集部一同、「編集職人」となって頑張りました。

ぜひ、みなさんにお買い上げいただいて、お読みいただけると嬉しいです。

画像: 発売日に向けて編集作業も佳境となっています。

This article is a sponsored article by
''.