制御盤 設計・製造及び海外規格コンサルタントを手掛ける三笠製作所が、eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)の実業団チーム「KYANOS(キュアノス)」を始動することが明らかになった。
画像: 制御盤 設計・製造及び海外規格コンサルタントを手掛ける三笠製作所がeスポーツ実業団チーム「KYANOS(キュアノス)」を始動!

「制御盤メーカーという立場から制御の世界の新たな可能性を追求するという夢がある」という三笠製作所。大きな目標を前に、できるかできないかを議論するのではなく、小さな歩幅でも前に向かって歩き続けることをモットーとしているという。そんな三笠製作所が、世界中でムーブメントとなっているeスポーツに参戦する意義とは?

「eスポーツは運動が苦手な人、身体が不自由な人も同一ルール上で等しく競技ができるなどスポーツが持つ魅力をこれまで以上に普及できる可能性があります。eスポーツの「e」はエレクトロニック[electronic]であり、弊社の専門領域である「電子」であります。この新しいスポーツに弊社の制御盤設計・製造を通じて得た技術・ノウハウを生かし、eスポーツの発展に貢献する夢の追求のため、第一歩として『e スポーツ実業団・キュアノス』を立ち上げました」とリリースで公表している。

これまでもスーパーGTの名門チーム「Team LeMans」や、Jリーグ「名古屋グランパス」への協賛をはじめ、様々なスポーツへの振興に力を入れている三笠製作所。時代の最先端での活躍を楽しみにしたい。

《株式会社三笠製作所代表取締役 石田繁樹氏のコメント》
「新しい挑戦にとても興奮しています。チーム立ち上げにあたっては現在通学する筑波大学院で共にスポーツプロモーションを専攻する同級生をスタッフとしてスカウトしました。制御盤の設計・製造で得た技術・ノウハウに加え、大学院で学んだ知識も活かすことで新しいeスポーツチームの在り方を模索します。まずは弊社としても馴染み深いサッカーのゲームである「ウイニングイレブン」から始め、対象ゲーム及び契約選手は随時増やしていく予定です。三笠製作所の新しい事業に是非ご注目ください。」

■eスポーツ特設WEBページ
 http://www.mikasa-med.co.jp/esport/

This article is a sponsored article by
''.