画像: 土要らずで簡単!星野総合商事が「ラクラク土のう」を発売中!

一般の土のうは砂や土を15kg袋詰めて使用しますが、災害時や悪天候のなか、少人数で作業しなくてはならないため、大量の土のうを作り運ぶ作業は非常に大変です。また、片付けるとき水を吸った土のうは約28kgとさらに重たくなります。
星野総合商事が「ラクラク土のう」は、特殊吸水性ポリマーはメーカー直に仕入れて沢山のポリマーの中からテストを繰り返し選択したものですので、水を15L入れるとあっという間に固まるというもの。水を確保できる場所で直ちに沢山の土のうを作れるので、ゲリラ豪雨のような緊急時も比較的楽に土のう設置ができます。また、土のうを積み重ねてSBパイルを打ち込み固定することも可能。中のゲルが漏れることもないので用途に合わせて使用が可能とのことです。
さらに、水を入れてから約4日持ち、4日目以降は徐々にゲル状から液状化します。太陽の紫外線や温度が50℃を超えると離水しはじめるとのこと。片付けの際、ポリマーが浮き出て残ってしまうこともないので、水のうになりましたらそのまま流しても無害で処理が可能。使用後は土のう袋から中身を出し天日干しで乾燥させ、袋は一般ゴミとして処分出来るため後処理も簡単。
価格は1袋定価360円(税抜き)。

◆問い合わせ
星野総合商事株式会社
TEL048-283-3911

This article is a sponsored article by
''.