画像1: KURE「スーパー5-56」のスペシャルな性能をレポート

潤滑や滑り止めのための注油スプレー缶として、リアルに誰でも知っていると言っても過言ではないKURE 5-56。思い出すのは子供のころ、キュルキュルなりだした自転車のチェーンに父親から「これを吹いとけ」といわれて渡された5-56の缶だ。ペダルをくるくる回しながらシューッと吹くのがなかなかできず、見かねた父親がスムーズに吹き付ける姿は今でも忘れない。5-56の原体験だ。
そんな思い出が、男だったら一つ二つはあるのではないだろうか。

画像2: KURE「スーパー5-56」のスペシャルな性能をレポート

一方、意外と知られていないのがこの「スーパー5-56」。いわゆる5-56には配合されていないフッ素樹脂と極圧材を配合することにより、潤滑性能を大幅にアップさせている。また、特殊添加剤により防錆性能も高めている。
職人天国読者の皆さんは、ツールや重機の管理やメンテナンスに潤滑剤を使用するケースが非常に多いだろうが、そのコストについては気になるところのはず。
他のハイスペックなプロ用潤滑剤が、のきなみ1000円以上の値付けであるなか、「スーパー5-56」は435ml缶で894円程度となっており、性能はもちろんこの価格差も見逃せないところだ。

ただいま絶賛発売中の職人天国vol.2では、そんな「スーパー5-56」の性能に関する比較記事が詳しく展開されているので、ぜひご覧いただきたい。

This article is a sponsored article by
''.