アニメやゲームの世界に存在する構造物・建造物の建設を“本当に受注し、技術の粋を集約し実現するとしたらどうなるか?”

実在する企業・前田建設工業株式会社が、そんな夢のような空想を工期・工費を含め正確に検証するウェブコンテンツ「前田建設ファンタジー営業部」がついに映画化される。

画像1: 高杉真宙の奮闘に歓喜! マジンガーZの世界を現実にした「前田建設ファンタジー営業部」映画化決定

映画では、あの名作アニメ「マジンガーZ」の出撃シーンで目にする地下格納庫(兼プール)を“現状の技術および材料で建設するとしたらどうなるのか?”についてファンタジー営業部のメンバーが試行錯誤と七転八倒を繰り返す姿が描かれるという。

主演は高杉真宙。そのほか、小木博明(おぎやはぎ)、上地雄輔、本多力、岸井ゆきなど、
個性派揃いの“ファンタジー営業部員”が集合する。

画像2: 高杉真宙の奮闘に歓喜! マジンガーZの世界を現実にした「前田建設ファンタジー営業部」映画化決定

建設業に関わる人はもちろん、全く興味のない人にも建設業がどのようなことに汗をかき、そして対価を得ているのか、仕事の中身を理解したうえでファンになってもらうことを目的としたウェブコンテンツの映画化。
2020年の公開が今から楽しみでならない。

<前田建設ファンタジー営業部公式ホームページ>
http://www.maeda.co.jp/fantasy/index.html

(C)前田建設工業株式会社/Team F (C)ダイナミック企画・東映アニメーション

This article is a sponsored article by
''.