アイ・ロボティクスは、狭隘部に直径8~19cm、重量170g以下のドローンを送り込み撮影を行うソリューション・サービスを開発。

このサービス活用することで、煙突や管路、トンネル内などの狭隘部や発電用ボイラーや化学プラントの反応炉など“人が立ち入ることのできないエリア”の点検が容易に行えるようになるという。

画像: 人が入れない特殊な場所や狭隘部の点検に“マイクロ・ドローン”を活用

また、アイ・ロボティクスでは独自に技能研修プログラムも開発。この技能研修プログラムを受講したうえで「実運用検定試験」に合格し、別途「業務用無線資格」を取得すると、各種規制に準拠したサービスをドローン運用事業者でも開始することが可能に。

画像: 狭隘部イメージ

狭隘部イメージ

なお、このマイクロ・ドローンによるデモンストレーションが東京で開催されるので、サービスの利用を検討するならこの機会にぜひ。

■東京開催
日時:7月29日 13時~16時
場所: LIFORK Lab(東京都千代田区大手町二丁目3番2号 大手町プレイス ウェストタワー地下2階)
※参加希望者は事前に連絡が必要。

本サービスに関する問い合わせ
info@irobotics.co.jp
TEL:03-4405-5041
担当:我田

This article is a sponsored article by
''.