大和ハウス工業株式会社は、建設現場の働き方改革として、建物の天井施工作業時の高負荷作業を軽減できるアシスト機器を開発した。

画像: 「天井施工アシスト機器」使用例

「天井施工アシスト機器」使用例

天井までパネルや石膏ボードを持ち上げて固定する“(新型)天井ボードリフター”と、床からでも容易にビスが打てる“天井ビス打ち機”の組み合わせにより誕生した「天井施工アシスト機器」。

同機器を使うことで、熟練工レベルの品質を一定に確保できるうえ、脚立を使用せずに天井を施工できるため、墜転落のリスクも軽減されるという。

また、“天井ビス打ち機”においては、機器本体に職方が使用している主要なビス打ち機が取り付けられるため、専用の新たなビス打ち機を用意する必要もないそう。
(マキタ株式会社、マックス株式会社、工機ホールディングス株式会社製のビス打ち機の取付検証済み)

2019年7月1日より同社施工協力業者を対象に先行販売されており、一般販売は10月1日から開始予定。

問い合わせは以下の通り

〇販売に関して:
ロイヤルホームセンター株式会社 特販部 TEL 06-4796-6682

〇(新型)天井ボードリフターに関して:
マックス株式会社 機工品営業部 TEL 03-3669-8120

〇ビス打ち機に関して:
日本パワーファスニング株式会社 大阪営業部 TEL 06-6442-0059

This article is a sponsored article by
''.